交際を始めて一、。とまで与えて、深〈怖かに市行しているみたいです。。イフレンドをずっそれが。怖が移ったやさしい叩?「社内、て気づ〈のは、結川崎発表までの年数が人だけで締約したのは一年ム川』破談になった時のこ二年間はオープンにしませんね汁とくらべると、師約発ぷ『なかったことにする』ケスがえているそうです」進行し、時約は結加の約ボで、二人の川には結持する義務が乍じるが、一五の考えが変われば無理矢理結姉しなくてはならないというわけでもない掛約から結婚までの聞は、結婚してやっていけそうか‘どうか、もう度確認する期間になっているの、であろう。。一u。君。となるわけくなっなんて訴トサ山川まであるいは女性第三意filrllll:恋愛l:.(l~&併if,';燃が結婚を急がなくなったために、婚約期間も延長されているのか。いよいよ挙式となると、仲人はたいてい、新郎の上司、て、地出宴出席者は、会社の上司、先輩・同期のが半数を内める。披露宴は会社の宴会風になることであろう。そして、会費制二次会へ繰りだす。挙式円以前から社以の二次会の会場は決まっている。社内結婚するOLは、挙式一カ月前くらいに依願退職する人が多い。コ服用保険がもらえる問は、家にいるわ。久しぶりにのんびりして、いい所があればまた働きたいわ」tお別れのメッセージを残す。清楚な雰問気を襟わせながら、要所要所に毒舌を混じえ、諮り口が滑らかな笠田さん自身への男性からのアプローチを聞くと、主として社内でエリートと目されている二、一二歳上の人からテニスやスキーの誘いがあると言う。「彼らのココロはぷ山の彼女は総合臓がってとこじゃないかしら。今のところ、まだ総合職の女性は数が少ないですから希少価値て一日世かれ、もてるみたいです。私はいい人に出会えれば紡併ーする気はありますが、はまだ・・・:・」歴史と伝統を誇る大企業メーカーともなると、社文化。があることがわかる。大企業て働いたことがなく、の体験もない私は、大企業の社内には出会い系 アプリ なら職場恋愛、結婚にルールらしきものが存在し、それに付随してお祝いのセッティング、フォーマットまでできあがいる実状に少々驚いた。日本に文化人類学なられ刷ってば、プライベ。文化会社学。が誕生していないのが不思議であるートな紡姉が会社と一体となって行われるのであれ社内側行から大幅にずれないように行動している大企業OLも、調査やアンケート.て表されるこ代火性のプロフィールと部分的に兎なっている。

二人は挙式後、入籍した。彼女は旧姓を通称にしている先に依上司に話して社内で旧姓を通す管ω。。伐業がある。の。点々としてやっているみたい」。夫のつくった結婚前に二人が交わした約束は、夫が転勤の場合は勤務地がどこになっても単身赴任すでも今の気持は一応その。志を伝え、了承を得た。人事部からは改姓した戸籍名を使うように第三.r111wa1:賓と{漏濯fM.'i録受取った目下の帰。「彼は伝えられたが、上司の泳部を所に旧姓使川を認めてもらった。結婚通知は二縄知っくり、仲人、税減、会社関係へは形式儀先の通知、友人たちへは写真ハガキにした。「紡賠したれ分になるのは、彼の巾犬家を訪ねた時。私の実家と述うから緊娠してしまう」。二人は実家、て食事をしないで帰宅する。「結婚する前、二人でぷしって、式や放は・一公も臼分たちらしく出川したかったりど、問りによいモデルがなくて、結局、ごくフツ!の様式になってしまった。もっといろいろな結姉式のスタイルがあればいいなと思ったわ。税のは参長にならないし、ホテルで仰々しいのは嫌だったし」二人は全日以制の会館で挙式した。その俄作事の府で、新郎の会社の上司は、こうスピーチした。「新郎は好行年ですが、ひとつだけ感心しない点があります。社内報の結締する件只へのアンケートで『子供はいらない』と答えていること。ぜひ赤ちゃんを産んでくださいと新川にお願いしたい」これに続いて彼女の会社の上司も同じ主旨のスピーチ、そして他の人も。「三人続けて子供を産むように言われてしまった。私たちはまだ何も話してもいないのに」と苦笑してい第三傘f1l1!11J:&.:愛と制Y.'.(1li.紡的薬剤師の綴川山子さん合一五)は、大学三年のが、薬学部’kft医科大字引子のテニスサークル、て、現花の夫と出会った。彼女の父親は長年テニスクラブでプレーしており、子供の凶から父税に勧められでも、テニスにはトント興味を示していなかったが。昨年脊に行われた結械式の被保・民て同じサークルに入っていた大学の同級生が二人の山なれそめ会いの技様を地践して、双方の両親は馴初を知った。サークル初会の日、彼は彼’の隣りにピタリと庄り、他の引学生が彼女に話しかけると「今、伐と話をしているんだ」訓込みを制したそ・フな。以米、二人は交際を就け、互いに川家試験を怯えた一年間はデイトを怯えたが、足かけ百一年にわたるつき合いの後、結婚した。二人の問て結婚の話が具体的に交わされたのは、一昨年脊のことだった。

私もいますが、彼とは問税同上が学生時代の友人で、小さい時から一祁に遊んだ仲。ボーイフレンドと百うより兄妹という感じ。一議上ですけど、彼は浪人したので学年は一給。ときどき映州へ行ったり、れん毛へ遊びにきてる」大学サークル活動は、今や短大生、火子学生抜きには成り立たなくなっている。以から見れば、何か仕掛け含仕組まないと集まれない、男女が出会えないのであろう。大学サークル活動からデインクスへこれまで制介した二代の明性はシングルばかりで、大学サークル前動、で出会い、恋愛し、結掛となった人はいなかったが、私の友人、知人のニ代女性には、大学サークル市助が出会いの場となり、恋愛結叫した人が二人、非蛸の共同生活をしている人が一人いる。三人とも結婚後は共働きのデインクスで友法夫い別である。恋愛紡僻のポピュラーなスタイルになっている大学サークル活動からデインクスへ至る経過を彼女たちに話してもらった。二問歳の川辺美樹子さんは、進学のために刈校時代から実家を離れ、共学の大学へ通っていたが、他の大学の室内楽サークルに入り、そこで知りった一学年上の男子学生とハーモニーがぴったり。交際を続け、彼女が卒業後、大企業メーカー宣伝部に就職して一年半後の昨秋に結掛した。今年の新年に川いた年賀状を兼ねた紡賠泌知は、少々ユニーク、でGotあった。アート紙のハガキ地色はブル10夫は視線を右側へ、妻は視線を左側へ向けたツ|ショットのポトレイトのヒに「We」Marrled(このほE結婚しました)と英語で印刷され、私は「ニ代前半の結舶の泣識はずいぶん変わってきているんだなあ」と思いながら川辺二人のそれぞれの氏名はローマ字。。彼女の第一戸。「私たちは似ているの。価値観とか感性とかが」さんを訪ねた夫は中学時代をカナダで暮らした組。で、彼次より一年先に大企業メーカーに就。世界のあちこちに販売網を広げている会社だけに問内、海外への転勤がある。彼職した’は将米の彼の転勤を考え、就職しないでね立の英知を・肝き、-そでできる翻訳を仕事にしようかと考えて彼に伝えると、返ってきたのは「伐の都合に合わせて考えないで、自分がいちばんしたい仕事を選んだほうがいい」で、彼女は就職した宅時間は、週三1凶円、夫のほうが十い。彼女が帰宅する夕食が用意されているずっと両親と一純だったのに料フまい料理を食べる心境を聞くと「おいしいわよ」ること。「実際にそうなったら、また訴し令うことになると思う。

大学を一に友人、見性と出会う場考えている。日進川止少の技術革新を受けて大学院進学がごくフツーになっている仁学部や、資料が必実て門職に就く的、で同家試験等の受験準備守する少数派いそし、。をのぞけば、大学坐はアルバイトに勤しみながらよく遊ぶ宗寺のいけ以説育機関が、出会いの場になるには、引火の数のバランスも必英であるが、一九七0年代後半以降の尚校ド業後の進川,ナ率は、羽子より’K7十のほうが市くなっているから、’子のいけ川字国陀化がこの引象守呼ぶ.袋附になったの‘であろう。四年制大学にかぎれば、一九八八(附利六一ニ)年度のや便数は、女子が五万人余りで二五・五%と四人に一人の別であるが、短大、専傍)寸校ては女子の数が男子守上回っている。大学のサークル活動がどんなに活発に行われているか、東京の私立女子大学文学部二年生の和泉理絵さん(二)に聞くと||。「まずびっくりしたのは、入学式のW日。式場へ行ってみると、共学の大学じゃないかと思うくらい、人に川力子が集まっていた。通路を通ると両側からチラシがワッと差し出されて、一緒に出席した舟£て五、六枚…脱されて、笑ってた。式が終って帰ろうすると、労チが追っかけてきて、名前と屯話存分合聞くの。『考えてみます』と返事して逃げちゃったけど」通学が始まっても、勧誘攻勢はおさまらなかったそうな。興味のある二、三のサークルの人に名前と屯話番サを教えると、その夜から屯訴に切り杯わる。彼女は一緒に入学した山校時代の同級生と相談して、圧倒的に引子学生て占められている大学の映画研究サークルに入った。すぐにコンパ。次いでゴールデンウィークには山中測でロ{旬夏休みにはグループに分かれてビデオカメラで蹴修旅行と続いた。日川一校時代に雑誌のモデルをしたことがある和泉さんには、ν主演女怯。の依頼が相次宮、撮る側に回るのに苦労したと笑う。映同研究会.であっても、テニスができる人たちはグループでテニスに行ったりもする。冬はスキーの誘いがかかる。サークル市動がイベント、旅行好きと重なって、グループ遊びの出そっくりだしているかに比える。「あんまり映画観ていないんですよね。私は一、二年の時は、まずできるだけたくさん観たいと思っていたから、何となくぷ川れにわない感じで一年生の終りにゃめちゃった」その後、彼女は自分の大学の映同研究会に入り、日下は女子学生ばかりで出動している。「女子学生の興味と関心は、恋愛と友述と旅行。半数くらいの人はポイフレンドいるみたいですね。

この数年、趣味にしている押道に本腰を入れ、将米私札川道教室を聞く計画を思案している.お見合いする射性のほとんどはマ公明です。私の母は、長引でているんですが」。「いつまでもはやっていられませんから、結時が迎くなる場令を考えて、内分の生き方を考えなくちゃと思い出したんです。-仲間も同じような‘』とを話組にしていますね」のこ父が逃した自宅に暮らす福岡さんの家峡。「寸はそれぞれが好きなこ定年退職後、系列子会社へ一丹此職した父親と専業主婦の母親とシングルの二姉妹が、ができて、自宅にい、る時がいちばんホツとします」ともらす。実家の居心地がいいのであろう。福岡さんは』、う続けた。「社内は男性が断然多くて、女性は各諜に二、三人しかいません。存在が目立つような女性は社内結時しますが、同性ばかりでグループをつくっいます」彼’の勤める本社では、男女一緒にテニスやスキlへ行〈例は少ない動きのある部は活気がありますが、総務なんかは中年が多いですから」ている人たちは、お見合いをして。「営業や設計など会社の挫';,絡*,必震と制>.%((filili\第三章恋愛結婚ではなく、お見合いを選んだ理由を聞くと、「好きになった人が転勤が多かったり、両親と相性が悪いと、両親との板挟みになって将米困りそうだから。両親が納得してくれる相手ですと、親のほうも合わせてくれると思うんです。親と同屈しなくても故後は私が商倒みなくてはいけないと思っていますから」恋愛、結婚の向山はあっても長男、長女時代に問方八方九く納まる結婚をするのも、結構難事であることが柄問さんのそ円葉の端々から感じられる。そして、お見合い派の火性は、三歳前にお凡AHいをしてみて、相手に巡り合わない場令は、一時休止して白分の人便投叶にとりかかる。それからふたたび、お見合いをする。税も物わかりがよくて、せかきない。こんなが的て、お凡令いの場も時時化が進んでいる。出会いの場・キャンパス第二誌で総代した泌り、川力-が山-フ場は、学校がいちばん多い。小学校から大学まで、机を長べて勉強したり、クラブ前助、サークル活動、あるいはや校恥位の交流とさまざまであるが、大学サークル前副がその小心になっている。大学は一九七(昭和問托)年前後の学凶紛争の後、レジャーランドと化していると一行われるが、確かに学生のェ、みルギ|を吸収した政治、社会運動が京滋した後、大学生活を送った男女学生だった。

気持そ秘めながら遊ぶのが大好き、て、給料や一泊断葬祭など、社内のつき介いにれ遣いしている仲守々。どっと就職して二代をお見合いでも妥協したくない恋愛紡姉志川がい川まってて過ごす女性たちは。OL文化。も削っている。、おけんAHいも数多く行われているってもいるとは弓けを一川近くした大手の総説会社に勤めるOL制附山美さん(二八)に体験談を掛ってもらった。彼火は知大卒業後、引・伐の全社、で一般市伊務の仕引を八年以上続けている。「おけんAHいを始めたのは二年前からです。m円の学校時代のお友述に附ぷ好きな方がいらして、その方や、またその方の知り合いの・万を通して写点と略慌を交換しています。一川のうち、半分くらいは義理で行った感じです。持ってこられる。お話。のうち、先方から。山川和服を急がず転職や印川川,ナした。おけんAnい『是非お会いしてみたい』とおっしゃられるとお断りできなくて」略歴には、身長、体重はもちろんのこと、血液刑宍星座まで記入する。相手の男性は三代前半がほとんどで、二九歳の男性と一度だけ会ったという。「写真を見ると年齢より若々しいのでお会いすると、写真は二、三年前撮影したもので、写真とは随分違う方もいますね。写真だけでは、どんな方かわからないから条件のほうをチェックするようになります」彼女の観察によると、お見合いの男性は押し並べて、おとなしくて無口。そして、「何か個性が感じられない」。男性の父親も寡黙で、互いの両親と当事者、仲人の七、八人が一堂に会すると「喋るのは仲人と母親ばかりで、みたいです」とペロりと舌を出す。結一流大学、大企業勤務の男性はプライドが高い割に話題に乏しく、交際を申し込むと先差方から断ってくる。逆に交際を申し込まれるのは彼女のほうで、断って一回を記録するι結果になったと。恋それでも、お見合い後、交際をした男性が二人ある。婚約に至らなかった理由を尋ねる州と、「最初の人は二回目に会った時欠点が目についたので刊第一印象と違う』と思って断章りました。二度目の人はひとり息子で、いい方だったんですが、ゆくゆくは両親と同居に三第なりそうで、その点を本人に確かめたら、はっきりした返事がなく、ズルズルつき合わないほうがいいと忠ったんです。向こうの税との同居には、私の母が反対しているんです。私は二人姉妹の姉ですから。も地方山山身の方なら椛わないとも言っ彼女は、この辺りでお見令いを一段落させている。